WEDDING REPORT

結婚式は二人の思い出がつまった映画のような一日。

Date:2020年3月28日(

  • 世界の結婚式
韓国の結婚式
人数
パーティー会場
みなさんこんにちは。

鐘山苑 Weddingです。

世界中にはまだまだ変わった結婚式があります。
今回は3週連続「世界の結婚式」シリーズ3週目
「韓国の結婚式」についてご紹介いたします。

韓国では結婚式前夜に花婿さんは付き添人から足の裏を鞭打ちされます。
ただ驚きなのが杖や魚で鞭打ちされるそうです。
魚!と思う方が多いと思いますが、
これは花婿の「精神力・性格」を試すものなんだそうです。

さらに挙式が済むと韓服に着替え「幣帛(ペベク)」
と呼ばれる儀式を行います。
元々は式が終わった後に新郎の家で新婦を歓迎する宴が開かれ、
3日後に新郎の家に入るしきたりがあり、それを「(幣帛 ベペク)」と
呼んでいましたが、現在では新婦が嫁ぎ先の家族に挨拶することを
「幣帛(ベペク)」と呼ばれるようになりました。

「 幣帛(ペベグ)」は結婚式後ペベグ室という部屋に行き衣装に着替えます。
まず新婦が姑、舅に挨拶した後、姑と舅が新婦の手を覆っている白い布に
ナツメグや栗を投げます。これは「種」を新郎新婦に投げることによって
「子宝に恵まれるように」という願いが込められているそうです。

その後、新郎が新婦をおんぶしてペベク室を一周します。
これは新婦に対して「一生面倒見ますよ」という
意思表示を表しているそうです。

韓国映画『ムチ(鞭)』は鞭文化韓国を表した映画。

ぜひ皆さんも参考にしてみたら!

パーティレポート一覧